遠距離 復縁 方法

遠距離 復縁 方法

一つだけ復縁に確実に効く方法がある。

遠距離の彼に振られた私は心底落ち込んでいました。

ところが当時読んでいた復縁ブログで復縁に手紙が効果的なことを知り、実際に書いてみたところ効果抜群。

 

その手紙の書き方をこの記事では紹介しています。

80%以上の確率で復縁する方法→「遠距離 復縁

手紙の効果がある人

手紙が効果がある人は、別れてから3か月以内の方です。

それ以降は手紙を送っても遅く、「今更」な感じを与えてしまいます。

私は別れてから1か月後に手紙を送ったのですが、効果抜群でした。

すでに別れてから3か月以上経過している方はこちらを参考にしてくださいね→「遠距離 復縁 電話

手紙の具体的な書き方

手紙の書き方ですが、実は私のオリジナルではなくある復縁カウンセラーに聞いた方法です。

そのため細かい部分まですべて私が把握できているわけではありません。

ですが重要な要点はこの後で紹介している通りだと思います。

無料なので、できれば添削などを復縁カウンセラーに依頼すると確実に失敗しません。

【女性】効果抜群の復縁相談って?(初回無料)
【男性】効果抜群の復縁相談って?(初回無料)
 

書き方① 別れの決断を否定しない

元カレや元カノのも、別れを選ぶまでに相当一人で悩んだはずですよね。

その気持ちを文中で否定はしないようにアドバイスされました。

つらい別れの決断を尊重し、受け入れていく姿勢を書くようにするといいそうです。

復縁をしたい気持ちなども、一切書かないようにしてくださいね。

私の下書きには復縁したいオーラが漂っていましたが、復縁カウンセラーの指摘を受けて削除しました。

 

書き方② 長々と感情的に書かない

文章は長すぎると、受け取った側としてはとても重たい手紙になるとアドバイスされました。

600~800文字ぐらいが適度に読める量とのこと。

レター用紙だと2~3枚ぐらいになり、それ以上多いと「重た・・・」と思われ、読まれないことも。

文章量は重要なので、感情的になって長文にならないようにしたいですね。

 

書き方③ 心から感謝して書く

簡単そうでこれが一番大事です。

私のように復縁ばかりを考えていると、この感謝の気持ちを忘れがちになります。

私は、元カレがくれた「大切な言葉」や「思い出」を頭の隅に置いて書いてみるようにアドバイスされました。

文章からあなたの本心は必ず伝わるので、どうしても感謝する気になれない場合は数日空けてから書くといいそうです。

 

添削がおすすめ

私はこれらのポイントに気を付けて書いた手紙を送ることで、元カレと再び連絡ができるようになりました。

「手紙読んだよ。ありがとう。」というlineが来たときは、本当にうれしかったです。

ただし、もしも私一人で書いて送っていたら今頃復縁はできなかったと思います。

私の手紙は「復縁したい気持ち」で溢れていたので・・・

 

手紙は正しい内容で書けば復縁を加速させてくれますが、間違っていると逆効果になります。

あなたの手紙には、ちゃんと感謝の気持ちが込められていますか?

無料なので、できれば復縁カウンセラーにしっかりと添削をお願いすることをおすすめします。

↓↓↓↓↓

【女性】効果抜群の復縁相談って?(初回無料)
【男性】効果抜群の復縁相談って?(初回無料)
 

 

▼おすすめの過去記事▼

遠距離 復縁 冷却期間

遠距離 復縁 line

遠距離 復縁 エピソード

コメント